イメージ画像

タイへの転職

タイは日本人が約5万人生活している国で在外邦人数ではトップクラスです。彼らの多くは日本企業から派遣されてきた社員とその家族です。あるいは引退後の生活者です。

年々タイで働く日本人が増えているのは日系企業のタイ進出数の増加からもあきらかでしょう。バンコク日本人商工会議所は世界でも最も多くの会員を保有している在外商工会議所になりました。さらにこれからのバンコクへの日本企業の進出が増えていくことも予想されており、タイで転職したいという夢も叶いやすいといえます。

そんなタイへの転職の目的を叶えるにはどうすればよいでしょうか

タイ転職といっても2種類の働き方、ライフスタイルがあることをご存知でしょうか?

前述のとおりタイで働く人は日本から派遣されてきたひと(駐在員)と、現地日系企業に採用されたひと(現地採用)との2種類があるということなんです。ご存知ないひとも、これからタイ勤務の求人を探す人もこの2つの働き方は明確に違うので気をつけて求人情報をチョイスするようにしたいところです。

駐在員として

日本企業からの使命でタイ王国に駐在員として働くケース

こちらは多くの方が選択するであろう働き方といえます。現地での生活を会社が保証してくれます。生命保険や安全なマンション、通勤費用に、子供の教育費など。会社によって手当の厚みは様々ですが裕福な生活・安定した生活が送れます。

現地採用として

在タイ日系企業に転職して働くというケース

こちらは自分で移住して現地採用を狙う働き方です。自己責任のため会社からの保証はそう期待できるものではなく、給料も現地スタッフ並かそれより多いぐらいです。会社によってはアパート等も自分で探す必要があります。転職活動時はタイに渡航して企業と面接をする必要もあります。コチラを選択するひとは本当にタイが好きで気に入ってしまい、長期滞在や永住したいと考える人でしょう。

タイ転職のために人材紹介会社をチョイス

タイで働いてくれる人を探そうとする企業はどのようにして人材を募集しているでしょうか。近年はネットをつかった人材紹介会社に依頼をしているケースがほとんどです。

なのでタイに転職していきたいという方は人材紹介会社を活用することで、様々な求人にリーチする事ができるようになります。ここでは前出の2種類の働き方にあわせたサービスについて案内しています。無料で使えるので是非活用してみてください。

駐在員として転職

リクルートエージェント。リクルート社提供の海外転職者を支援する専門の人材紹介サービスです。日本で転職してタイ駐在をめざすならココがベストでしょう。日系企業、外資系企業と様々な業界の求人を扱っています。

高給与・高待遇の求人を紹介してもらう事が可能です。また応募書類を通してくれたり転職での様々なアドバイスをしてもらえます。サービスの対応も評判が良く明確なタイ転職の目標が定まっていなくても相談できるのもメリットです。




現地採用として転職

JAC Recruitment。 こちらはタイにある企業に現地採用をめざすかた向けです。イギリスの外資系企業ですが、日本にもアジア各国にも支社があり現地タイでの転職をサポートしてもらえます。

現地採用の待遇はそんなに良いというわけではありませんが、タイの労働者と一緒に溶け込みたい、ずっと滞在していたいという夢を叶えられます。


日本人がタイで働くためのあれこれ

働くメリット、目的、魅力、キャリアアップとは

日本在住の日本人がタイに転職するメリットとして、第一に挙げられるのが、日本で働くのと比較して、仕事の幅が広がって、責任のあるポジションを任される可能性が高いということです。日本で勤務している場合、機会に恵まれないことも多いですが、タイにて働く場合には、チャンスの幅が大きく広がります。日本で働いているとマネジメントなどの裁量権を得ることができにくいですが日本人向けの仕事は管理職が多く業務の幅も広いので、スキルアップも期待できます。

またタイ語ができる方にとっては国を変えて働くことは大きな魅力でしょう。さらに英語が流暢な方にとってもメリットも大きいです。TOEICでは600点程度を取得しておりタイ人と問題なく会話ができるなら採用の確度が上がります。語学を活かして働く機会が大きくなるので仕事だけではない魅力が多々あります。もちろん、語学が堪能なだけで、給料が大幅に上がると一概に言いきることはできませんが、自分の強みを活かせる仕事はやり甲斐もありますね。

求められる職種で多いのは営業職に技術者です。日系企業を中心に仕事をするので、日本語と英語、そしてタイ語のスキルがある場合、キャリアアップも大きく期待することができます。外国の現場で一度働いたということは、今後日本で勤務する際にも大きな強みとなります。

タイでの就労が成功するのはどんなタイプ?

どのようなタイプが成功するのかというと、言うまでもなく「どうしても働きたい」という強い意志がある方です。その動機が薄い方の場合、現実に直面すると途中で投げ出す傾向があります。絶対に働いてスキルアップをしたい、あるいはタイ語を使用して人の役に立てるような仕事がしたい、等、自分がどうしてタイで働きたいのか、その目的やビジョンを明確にしている方が就労が成功、継続しやすくなります。

知識やスキルとしては、現地採用を目指すなら語学ができるということは有利です。そして歴史まで深く知っておいた方が望ましいです。国や人々や文化がとても好きで興味があり生活し就労したい、という強い気持ちを持ち、タイ語の勉強に猛進して励むような努力も必要です。日本で就活に失敗したからタイなら働けるのではないかという気持ちがある方は成功することができません。仕事に夢中になれるようなフィールドが用意されています。国土・人種を十分に知って、そして語学も覚え、さらには英語のスキルもTOEIC600点程度は必要です。語学力が全てではありませんが仕事をする上で必要となるスキルですので、タイ語と英語の両方は確実に勉強しながら就労に励むことになります。

就労意欲がある全ての方が必ずしも働くことが出来る訳ではありません。日本人向けの求人が出てないと応募する事もできません。働くためには、地道な転職活動が必要です。時として日本で就労しているのと違う、イレギュラーな事態に遭遇することもあります。そのような時に臨機応変に対応できるような力が必要です。気候に慣れている、バックパッカー経験がある、アジアに詳しい、幅広く色々な仕事を経験していた方が、対応力があります。就労を成功に導くためには「どうしてもタイで働きたいという意欲・目標」に向かって励むことが大切です。

就職できる可能性がある職種や業界の話

タイで日本人が就労できる可能性がある職種は幅広くあるのですが、多くが工場勤務となっています。進出している日本の企業が多くなっており、現地に責任者として勤務するケースが増えています。特に自動車業界では、タイに進出する企業が急増しており、自動車関連企業の求人が多いほか、医療機器関連や電子機器関連などの募集も目立っています。 また生産技術や生産管理の仕事も多く募集がされています。この二つの分野において、日本企業が積極的に進出していることを背景に、日本人の求人の募集を見受けることができます。タイからも日本人の専門職を求める傾向が強くなっており、やる気があれば、大きくチャンスが広がっています。こちらも自動車関連や製造業の募集が大半を占めています。技術職の募集が多いのですが、責任者や現地スタッフの育成や技術指導をする方の募集もあります。ある程度、責任のある仕事を現地にて任されることが大半です。

さらには営業職で転職する方が増えています。営業職でもやはり求人を最も多く見つけやすいのは、製造業です。首都バンコクだけでなく、国内の各地に拠点がある企業も多くなっているので、顧客獲得のための営業職が重視されやすい傾向が強くなっています。ただ、語学力に多々自信がある場合はそのような企業に転職もしやすいですが、まずは日系企業に転職することが選択肢となるでしょう。営業職の場合、タイ語は日常会話、あるいはビジネスで使える程度できれば、英語でTOEIC600点程度で営業職として働くことは可能です。さらにエンジニア職も募集がされています。エンジニア職でも製造業の自動車や機械、電子部品のメーカーから求人を探すことが可能です。その他では建築、建設業でもエンジニア職の求人が見られます。

逆にどのような職種がタイにて転職がしにくいのかというと日系企業が入っていない業界と職種が該当します。現時点では日本人向けで多くの求人が見つけやすい状況ではありません。 昨今は観光、サービス業などでも求人が増えているので比較的働きやすい状況と言えます。日本とタイの経済的な繋がりが、今後親密になっている段階ですので求人は見つけやすくなるでしょう。景気にも左右されますが今後働く機会は増えていくと予想します。求人はこまめにチェックしておくのがおすすめです。タイ転職のチャンスを逃さないためにも、転職サイトを利用し上手に転職活動をしましょう。

日本語のみで働ける仕事はあるの?

タイに転職してみたいけど、日本語のみで働くことができるのか?と思う方もいます。そもそも日本語のみで生活まで考えているとしたら愚かなので語学も習得するため努力すべきというのは前提です。 さて結論から述べれば、タイで日本語のみで働くことができる仕事はあります。それが、コールセンター業務です。コールセンターのオペレーターの仕事の中でも、タイで働きながら、日本人の顧客のみ対応をするという仕事があるので、そのような仕事なら、タイ語や英語ができなくても日本語のみで就労することが可能です。他には一般事務やWEB編集等もありえます。

ただ生活する上でもタイ語は一通り学んでおきましょう。 その業務によって、求められるタイ語や英語のスキルは異なりますが、タイ語なら、日常会話ができる程度までは最低限身に着けておくと安心です。英語に関しては、TOEIC450点が最低ラインで、600点以上取得しておくことが望ましいです。語学スクールで学ぶことは十分できますし、独学でも可能です。会話をすることが大切なので話すことができる環境に身を置くことも大切です。

どうしても日本語しか出来ないなら日本人講師の道の可能性にかけてみましょう。日本人講師なら、生徒に日本語で教えることが仕事となるので、タイ語や英語を使用する頻度は少なくなります。それでも最低限のスキルとしてタイ語と英語の日常会話レベル程度は学んでおいて損はありません。働くということはその国に染まって生活をするということです。 お店などで言葉が通じなければ不便ですし、せっかくタイで生活する意義や醍醐味も少なくなるでしょう。語学ができれば、より働くことも生活することも楽しくなるはずです。コールセンター業務や日本語講師としてだけでなく、より働くことができる職種も増えますし、何よりあなたのスキルアップにも繋がります。語学学習にまずは取り組むことがおすすめです。

未経験者でもタイで働ける仕事の可能性はある?

未経験者でもタイで働くことができる仕事の可能性はゼロではありません。未経験であっても、タイ語や英語は最低限マスターしておくことが条件となります。 まずは渡航してしまってバンコクのフリーペーパーや直接現地企業に応募する積極性が必要です。現地だからこそ本気度を見てもらう事もできるのでタイにて転職したいと考えているなら、現地にて転職活動を行ってもOKなのです。(就労ビザの入手は気をつけて)また現地に行く時間と費用が出しにくく日本に在住している方には、そのようなことは不可能なので日本で活用できるウエブサイトを参照して求人に応募するのですが、この場合は人材紹介会社に登録すれば良いです。(上記参照)

また企業に直接アプローチする方法も有効です。企業にメールを送ってみる前向きさがあっても良いでしょう。SNS等での活動を掲載しておくのも自分の人となりを知ってもらうのに有効です。なにせ未経験なのですから。自分の履歴などを細かく記載することによって、より多くの企業との接触を増やす事が重要です。またコネクションがある方ならツールを利用せず、知人の伝手によって紹介してもらうことは非常に有効です。知人の紹介なら、安心して転職もしやすいです。

初心者なら、まずはタイの日系企業がおすすめです。日系企業なら日本語が通じますし外国語を流暢に使用することができなくても、就労しやすくなっています。日系企業や日本人講師、日本人が顧客のコールセンターのオペレーター業務などは、初心者がタイにて就職しやすい職種の一つです。特殊なスキルが無い方、仕事の経歴が浅い方、初めての方ならこれらの職種から求人を探していくと良いです。

このページの先頭へ