イメージ画像

駐在員で安心のタイ転職とは?

当サイトではタイで働きたいという夢を叶えるなら2種類の働き方がありますよ、とお伝えしています。

1つが現地採用をめざす方法、もう1つが日本からタイ赴任になる方法です。安心のタイ転職というのは、やはり現地採用ではなくてタイに進出している日系企業に就職して赴任することです。タイで働くのが初めてだ、という方にもおすすめです。

何しろ会社のほうから全ての手当が出るしマンションも場合によっては車も与えられます。家政婦を雇って余裕ある暮らしをしている商社マンもいます。医療保険も会社が入ってるし安心のタイライフを送る事ができます。就労ビザも会社のほうで手続きしてもらえます。デメリットとしてはタイ赴任ということなので任務が完了すれば帰国、ないしは別の国へ赴任することになるということでしょうか。デメリットととるかメリットと捉えるかはその人の目的次第です。

求人で可能性があるのはどんな仕事?

これは近年は実にIT系の職業で人材を募集しているケースが多いようです。IT系とひとくくりにしても職域は幅広く、営業、提案営業、ルート営業、マネージャー、SI、SE、PG、DB、テスター、WEBエンジニア、運用、保守、マーケティング、広告、ERPまでひと通り人材の急募が目立ちます。

なぜIT系が多いのでしょうか?それは日系企業のタイ進出が増えれば増えるほどインフラの整備や販売・宣伝用のサイト立ちあげまわりのシステム構築、人事・給与・金融との連携やその国の法律に合わせたカスタマイズなどが必要になるからです。

転職でタイ駐在員をめざす

近年は海外でグローバルに働きたいという人材が増えているわけですが、アジアの中でシンガポールと並んで多いのがタイ国です。タイ駐在員に関する情報をまとめていますので下記メニューからご覧ください。転職を有利にする人材紹介サービスについてはTOPページをご覧ください。

安心のタイ転職(駐在員)メニュー

  • タイ駐在員として転職、求められる素養やスキル
    タイで駐在員として勤務したいと考えている場合、どのような人が向いているのか関心を持つ人も少なくありません。日本からこれまでの業績や…

  • タイ駐在・赴任の可能性が高い業界・職種
    タイにある日系企業で駐在員として勤務している人が務める業界には、機械などの製造業・自動車産業がほとんど多いです。また商社、物流、I…

  • タイ駐在員の給料や待遇のよさ
    タイの日系企業で働く駐在員たちは、高い報酬が得られるため人気があります。タイでは管理職、技術職などの立場で駐在員として勤務するケー…

TOPに戻る

このページの先頭へ

バイ・アンド・ホールド