イメージ画像

タイ駐在・赴任の可能性が高い業界・職種

タイにある日系企業で駐在員として勤務している人が務める業界には、機械などの製造業・自動車産業がほとんど多いです。また商社、物流、ITの他、百貨店などの流通業、旅行エージェントもあります。

日本の電機や機械メーカーは、工場の拠点を東南アジアにシフトしています。英語などの会話力に加えて技術指導ができるなどの能力を磨いておくと、タイでの駐在員勤務の道が開かれる可能性があります。

報酬は電機メーカー駐在員の場合で年収1000万円前後、百貨店などの流通業では店長クラスで800万円ほどの収入が一般的です。

自動車関連の製造業も同様にタイへの投資を加速させています。現地生産の自動車など、タイ向けに日本車を製造する自動車メーカーも多く、関連する部品産業もタイに進出しています。

近年のタイでは国民の消費活動も増えていますし平均年齢が若い国でこれからますます発展していくことがわかっているので、そこへ投資をかける企業も多いのです。

日本からタイに出向く駐在員のほとんどが管理職や工場長などですから、日本にいる間に管理職としてマネジメント力を磨いておくと転職時に強みがあります。駐在員だと報酬は平均800万円から高いと1000万円まで目指せます。

旅行エージェントも、人気の高い東南アジアでの営業を拡大するため支店をバンコクなどのタイの主要都市に設置しています。報酬は月額40万円、ボーナスが加算され年収は800万円ほどになります。

タイ語を話せるなら新規プロジェクト立ちあげや、支店設立等のスタートアップ駐在員としてタイに派遣される可能性が高くなります。求人情報をリサーチすれば最初からタイでの立ちあげメンバーを募集している求人も稀に見られます。

他にはタイには、プーケットなどのリゾート地や世界遺産も数多くあり、日本人観光客が増加していますから、今後も旅行エージェントのタイ駐在員として勤務できる可能性は高いといえます。

百貨店や大型スーパーなどの流通業もタイに進出しています。店長クラスで派遣される可能性が高いため過去数年同業種でのキャリアがあると転職に有利でしょう。

TOPに戻る

このページの先頭へ

バイ・アンド・ホールド