イメージ画像

タイの駐在員求人を探して転職する、どんな人材が求められる?

タイで駐在員として勤務したいと考えている場合、どのような人が向いているのか関心を持つ人も少なくありません。日本からこれまでの業績や信頼を元に駐在員として派遣されてくるので基本的には現地のトップクラスの立場や管理者としての赴任となりますから、相応のスキルや将来性を兼ね備えた人材が登用されます。

語学力については

言語力については、ある程度の英会話力が必要になります。英語でコミュニケーションを図り、会議などの席でプレゼンテーションを行なうなど、高いレベルの英語力を身に着けておくと有利ですが、そこまで求められない会社があることも事実だったりします。

タイ語を話すことができればベターですが、駐在員の場合は通訳付きの場合が多いので、タイ語に関しては渡航してから簡単な日常会話を覚えるかたのほうが多いです。近年は日系企業に就職したいタイ人も多く日本語が出来る人材を採用してる場合もありますから。

駐在員は管理職や工場長がおおめ

駐在員として勤務する場合には、管理職として赴任するケースがほとんどですので、タイ人の従業員を管理し、業務を確実にこなせるようにするための統率力も求められます。

製造業やIT関連のエンジニアとして赴任する場合には、伝えたいことをわかりやすく伝えるためのマネジメント力が求められます。

まとめると、駐在員として働くためには未経験からのスタートはハードルが高く、これまで日本国内含め、他の企業の海外事業部で勤務するなどの経歴が重視され即戦力が求められます。

体力やメンタル的な側面

タイは、熱帯性気候のため、高温多湿の気候に慣れる必要があります。雨季と乾季がありますが、雨季はサウナにいるのと同じほど高温多湿になるため、環境に合わせることが求められます。

暑くても大丈夫という人に向いています。もちろん、エアコンで暑さをしのげるものの、実際の生活となると暑さが苦手な人にはかなりのストレスになりますので、暑い所が苦手かどうかも考慮してください。

それから、タイでの反政府デモのニュースに象徴されるように、何が起きても対応できる力が求められます。タイを魅力に感じ、転職が成功して渡航した途端に現地に馴染めず退職する方もいるので、そういう意味では事前の情報収集は念入りに行ったほうがいいと思います。

TOPに戻る

このページの先頭へ

バイ・アンド・ホールド