イメージ画像

現地採用でタイに転職しやすい仕事

タイに就職・転職して行く場合、特に現地採用のケースではどんな仕事がみつかりやすいでしょうか。 日本人が転職しやすいのはやはり日系企業です。日系企業での仕事といえば現地のタイ人労働者の管理職や、日本人駐在員とのやりとり、日本人向けサービスの展開・販売などがあります。

男性なら営業職は様々な業界で必要とされています。例えば印刷機器、自動車、不動産、OA機器、半導体、電子機器、システム開発、貿易商社など。女性も女性ならではの明るさを必要とする営業や一般的な事務職があります。

日本語教師に通訳・翻訳はタイ語が話せる方は可能性が高いです。日本人を顧客にするホテルや日本食店、土産、ツアーガイドスタッフなどは比較的転職しやすい職業です。(近年は日本語が話せるタイ人も増えたため日本人の需要は減っていくと見られている)

日本企業の多くは駐在員を派遣していますが、不景気になれば駐在員の経費が大きく経費削減のために帰国せざるをえない状況が生まれます。そうなると現地で日本人を採用する枠が拡大するため現地採用での転職の可能性が大きくなります。景気によってはその逆もまた然りです。

日本企業以外でも米国外資系やヨーロッパ系の外資でも日本人求人が一定数出ています。主な取引先は日系企業のメーカーや貿易商社などやはり日本人相手の仕事がメインとなりますね。この場合は英語と日本語が使える事が必須です。

お給料はどれぐらい?

ここでお伝えしているのは現地採用での仕事です。給料は3万バーツ~7万バーツ(10万円~24万円)管理職で10万バーツ(34万円)なのであまり高いとは言いがたいでしょう。所得税は10%程度引かれます。バンコクでの生活費として約8万円程度を見ておく必要があります。交通費、医療保険等は会社との交渉次第なのでタイ転職時には超重要検討事項になるでしょう。

安定した生活、高給与を求めるなら現地採用ではなくて駐在員を目指したほうが良いでしょう。今日本からタイに積極的に投資が行われており、駐在員の枠も拡大しています。即戦力ならなおさら確保したいという企業が多いためこれらの求人情報を探すのがおすすめですね。

駐在員をめざすなら人材紹介はリクルートエージェントに依頼するのが保有求人数が多くおすすめです。現地採用ならタイのJACがおすすめです。

転職の手段

まず求人情報の探し方は上記で紹介したJAC Recruitmentを活用すれば現地採用の求人を提案してもらうことができますので、登録しておくとよいです。日本国内でも情報収集をすることが可能です。

転職先の企業が見つかればJAC経由で書類を提出したりできます。基本的には何社かの面接の日程を決めてタイに渡航、1,2週間の滞在期間中に面接をこなすようになります。1社につき2回面接する場合もあるので2週間はとっておいたほうがいいでしょう。帰国後、合否判定が出るので双方の問題がなく就労ビザが出れば日本での準備をして晴れてタイに出発となります。

タイ現地採用で転職を目指すメニュー

  • タイの現地日系企業へ転職、求められる日本人労働者とスキル
    タイには日系企業が多数進出しているため日本人向けの求人を探しやすくなっています。バンコクにある日系企業数はおよそ3000社以上とも…

  • 日系企業のタイ現地採用、条件や待遇とは
    タイの現地日系企業での勤務の場合の待遇や条件は業種によって異なりますが、目安として知っておくと仕事探しの際に役に立つでしょう。ここ…

  • 日系企業のタイ現地採用求人の例
    タイでの現地採用はやはり日系企業を狙ったほうが日本人は転職しやすいと思います。つぎのような求人が見られますね。職種や業界など参考に…

このページの先頭へ