イメージ画像

日系企業のタイ現地採用で必要とされる能力・語学力・技術・職歴経歴など

タイには日系企業が多数進出しているため日本人向けの求人を探しやすくなっています。バンコクにある日系企業数はおよそ3000社以上とも言われており、その半数が製造業ですから転職のチャンスも多いといえます。しかしそうはいっても採用されるためには条件があり、必ずしも働けるというわけではありません。ここでは日系企業への転職を成功させるために必要なスキルについて見ていきましょう。

語学についての要件レベルは高くは無い

タイの現地採用で仕事をする場合に求められるスキルに、言語力を思い浮かべるかもしれません。タイ語や英語などを話すことができれば、コミュニケーションが取りやすくなりますし、仕事でも有利になります。

しかし全体としてそこまで語学が上手ではなくても勤まる場合のほうが多いようです。英語力では日常会話がスムーズであればOKで、タイ語は話せなくても大丈夫です。しかしタイ語だけ話せるという人はそれだけで需要があります。

日系企業の場合は、通訳をつけてくれるケースがあり、簡単な日常会話だけで事足りてしまいます。タイ語のわからない駐在員とタイ人の間に立つ仕事であればタイ語も日本語も話せることが条件になりますが。

製造業は日系企業の半数以上

タイには、日本の電機や機械、自動車メーカーや関連製造業が多数進出していて、機械や部品の設計、製造、新商品開発の企画などを手掛ける仕事が多いです。そのため、理系出身者が多いのもタイでの特徴です。工学部や理工学部を履修した人ほど就職しやすいのが、タイの求人事情です。日本企業も即戦力を求めていて、設計や製造にすぐに携われるエンジニアほど採用される率が高いという特徴があります。

エンジニアとして勤務する場合には、技術力などのスキル、過去の経歴が重視されます。技術指導を行ない、タイ人従業員のマネジメントを行ないます。そのため、現場の状況を把握し、迅速に適切な対応ができる機敏さが必要です。指導力が求められます。

製造業以外では卸売業(商社、物流、問屋ふくむ)が30%を占めており、日系企業間のビジネス展開も盛んなため営業スタッフ、販売員の仕事もあり、この分野での過去の経歴があると強みになります。

ストレス耐性とガッツ

タイでは生活習慣が全く違う環境で仕事をするため、どうしてもストレスを感じたり、タイ人スタッフの仕事のやり方に摩擦が生じたりする場合があります。ストレスとなる状況にも対応できる強い精神力も必要でしょう。そのようなケースに対応できるタフさがあるといいです。また、駐在員とは異なり現地採用ということになると身近な事はすべて自分でやらなければいけません。住宅を探したり契約手続きをしたり、身の回りのトラブルにも対応できないと厳しくなってきます。

TOPに戻る

このページの先頭へ