イメージ画像

多様な業界で引く手あまた、営業マンのタイ転職

タイで営業の仕事をしたい場合にはどんな業種で可能でしょうか。

どの業界で営業の求人が多いか

もっとも求人を多く見つけられる業界はやはり製造業でしょう。バンコクだけでなく国内各地に拠点を設けて積極的な事業展開を行っている企業も多く、顧客獲得のために営業職が重視されています。ただ、よほど語学力に自信がない限りは日系企業が就職先の選択肢となるでしょう。英語ができれば一通りの業務がこなせるからです。

  • 製造業の企業としてはざっと探しただけでも以下のようにすぐ見つかります。
    精密金属加工企業、化粧品OEMメーカー、金属部品メーカー、電装メーカー、鉄非鉄リサイクル事業

  • サンプルとして以下のような仕事を任されることがありますね。
    既存顧客のフォローアップ、サプライヤー等との交渉、タイ国内外マーケティング、日系法人営業新規提案、営業マネージャ

営業職ではIT関連やサービス業、広告、商社も重要な選択肢となります。

とくに観光業は今後日本とのつながりが深くなっていくことが予想されるだけに有望な分野となるでしょう。それともうひとつ、飲食業において日本企業の進出も目立っているため、この方面の日系企業からの募集もチェックしておきたいところです。

→おすすめ人材紹介会社はこちらの記事も参考にしてください

求められる語学力は求人により様々

まず大前提として踏まえておきたいのが語学力。この国の場合、英語力が前提条件なのはもちろん、タイ語ができるかどうかも評価の基準となります。とくに現地の企業に就職したい場合には自分の語学力がアピール材料になるかどうかを確認しておきたいところです。

→タイの企業に転職する場合はタイ語は必須レベル、現地の日系企業の場合は日常会話~ビジネス程度の英語力、そしてタイ語ができればベターといった基準であることが多いです。日系企業を相手にする営業マンの場合は英語力それほど問われません。

営業マンの給与、どれぐらい?

では平均的な給料や待遇についてはどうでしょう。成果主義の歩合制をしているところが多いため、一概には言えず、成績によってかなりの格差が生じることがあります。月給では7~10万バーツを基本給にプラス歩合といった形が多く見られ、年収300万円程度から1000万円を超えるケースもあります。

待遇ではビザ取得の支援や週休2日制などが挙げられます。医療保険については企業により異なるため確実にチェックを、他には転勤などの可能性もあるため、その辺も事前に詳しく求人情報を確認しておきたいところです。

タイ転職ナビTOPに戻る

このページの先頭へ

バイ・アンド・ホールド