イメージ画像

タイの日本人学校

タイ・バンコクには日本企業から派遣されてきた日本人のための日本人学校があります。生徒の数は2900人います(H25)、その多くが日本企業で勤めるかたのお子さんです。10年前が約2000人でしたから毎年その人数が増えています。これはタイに進出してきた企業が増えているためと推測できます。2009年にはバンコク南方のシラチャ市に、シラチャ日本人学校が開校されました。

授業ではタイ語が取り入れられます。タイという国はタイ語が公用語となっており英語よりもタイ語が話せないと厳しいのが現状です。英語の授業も勿論ありますが小学校高学年になってからの授業です。生徒の送り迎えはスクールバスなので登下校も安心です。

タイ転職者で家族がいるかた

タイに転職してみたいという方は多いですが、家族がいてお子さんがいる場合はどうでしょうか。タイの日本人学校は日本の教育プラスタイ語の教育ができるので、問題ないと感じる方が多いようです。また駐在員の場合は数年で帰国、またタイに戻ってくるケースや、他国に派遣されていくケースがあるので転校が多くなるお子さんも多い様子ですね。

日本人学校はこちらでチェック

タイ転職ナビTOPに戻る

このページの先頭へ

バイ・アンド・ホールド