イメージ画像

タイの日本人街

タイの首都バンコクは、日本人が多く住む地域として有名です。中でもスクンビット・ソイ33地区は、日本人駐在員だけでなく世界各国の人が住む地域として有名です。この地域には、日本人居住者向けに日本料理店や食材店が軒を連ね、日本の雑誌や本を販売する書店も営業しているなど、日本人が住みやすい地域として知られています。バンコク日本人学校には、3000人近い生徒が在籍し、アジアの中でも最大規模を誇ります。

日本と同じ教育が提供されています。カリキュラムは、すべて日本語で提供され、外国語授業にも力が入れられています。バンコクには、日本の百貨店が進出するなど日本人になじみ深い商業施設も多く、住みやすい地域として人気があります。統計によれば4万人もの日本人が生活しています。日本人の子ども向けの塾があり、教育面でも充実したサービスが受けられるのはバンコクの強みです。日本人居住地区は、治安が安定しています。交通網が発達しているので利便性も高いという特徴があります。

バンコク以外に日本人が多く住む地域が、シラチャです。シラチャには、日本人学校のほかに日系の百貨店やスーパーがあり、日本の食材も手軽に手に入ります。シラチャは、治安が安定していて、日本人向けに保安対策が行き届いたレジデンスやアパートメントが点在しています。日系企業の駐在員が多く暮らし、家族の居住率が高いことでも知られています。日本語ができる医師のいる病院もあり、生活面のサポートもしっかりしています。

タイ転職ナビTOPに戻る

このページの先頭へ