イメージ画像

バンコクは渋滞がヒドイ、運河利用者が増えている

タイ・バンコクには昔から交通渋滞がひどく鉄道が開通しています。2004年には地下鉄も開通しました。これによって市民も電車を使うことができて移動がしやすくなったのです。しかし一方で自動車の所有者数が増え、渋滞の緩和には至っていないという現状がある様子です。日本からタイに滞在してる人は「トゥクトゥク」と呼ばれる自動三輪車タクシーを活用することも可能です。

一方で昔から使われてきた運河を移動手段とする向きが強くなってきています。タイはかつて東洋のベニスと呼ばれるほどバンコク付近は運河がめぐっていたのです。しかし近年の近代化によって運河が埋め立てられてしまいました。最近になって埋め立てからまぬがれた運河を活用して水上バスが走っており、こちらがかなり正確に時間通りの運行をしてくれるということで人気となっています。しかも車のような渋滞が全く無いため超重要な交通手段となっているのです。水上バスの価格は10バーツ前後。

転職でタイに来られた日本企業の社員の多くはバンコクでの生活がメインとなるケースが多いですから、交通網については特に問題はないでしょう。

バンコクの買い物事情

日本からタイに転職して来る人にとって重要なのはやはり日々の仕事をするための健康づくりの食事ではないでしょうか。タイでは市場の他にショッピングセンターもあり食料が手に入ります。また日系のショップもあり日本食も手に入るのです。

バンコクの市場では安くて新鮮な食料品が手に入ります。野菜、果物、鳥、豚、魚に米まで。活気がありこれぞタイという雰囲気に慣れてしまえばとても生活しやすい環境といえます。(女性はどうかわかりませんが・・)

タイの料理はどうでしょうか、タイでは米を主食としています。インディカ米といい細長い米です。料理の殆どは香辛料が多く辛くてスパイシーな食べ物が多いです。屋台で食べ物を摘むことも可能ですがお腹をこわす可能性もあるので、お店は厳選して、人だかりが出来ている人気のお店にしておことをオススメします。

タイ転職ナビTOPに戻る

このページの先頭へ