イメージ画像

日本とタイの貿易関係は良好

日本とタイ王国との関係は良好で、古くから友好関係を築いてきました。そのため、貿易も活発でタイから日本へ多くの製品や原料が輸出されています。日本は、加工貿易国として経済発展を遂げてきましたが、近年はタイ国内で生産された電化製品や機械の部品などの工業製品が輸入されるようになり、貿易に関する状況は変化しています。しかし、日本からの輸入が多いのもタイの特徴です。その理由は、企業によるタイへの技術投資です。

電機メーカーや自動車メーカーは、タイで操業を行ない、部品類を日本から輸入しています。原料も日本から輸入することで、タイにとって日本は貿易相手国の中でも上位を占めています。アジア諸国の中でも、特に日本との貿易高が高いのがタイの特徴です。日本への輸出品目は、工業製品だけでなく、生鮮食料品や衣服などの服飾品も増加しています。亜熱帯気候で栽培される果物や野菜類は、日本でも人気が高く、スーパーでもタイ産の野菜や果物を多く見かけるようになりました。

日本は、タイに対する経済支援を活発に行っています。大規模な円借間を行ない、タイ国内のインフラ発展に貢献してきました。タイのインフラには、日本の技術が豊富に生かされており、日本との良好な関係を象徴しています。ちなみに、日本に対する輸出総額は約235億ドルで日本からの輸入総額は469億ドルにもなります。そのため、日本側にとっては貿易黒字が続き、良きお客様としての地位を築いています。タイ国内では、定期的に日本の見本市が開かれ、日本との親密な貿易が行われていることを示しています。

タイ転職ナビTOPに戻る

このページの先頭へ