イメージ画像

若い国、タイはこれから伸びる国。日本も投資が盛ん。

タイの経済成長は、リーマンショック以降の世界的な景気の停滞を抜け出し、回復基調にあります。日本からの設備投資や企業による工場進出が増加し、タイ経済は今後もポジティブ要素を含んだ成長が見込まれています。中国国内で発生した反日デモにより、日本企業は中国での工場操業からタイをはじめとする東南アジアでの操業にシフトしつつあります。そのため、タイ経済は強含みの様相を呈しています。

タイの国内生産は、21世紀に入って上昇傾向がみられ、GDPも上昇基調になっています。国内の政治的不安定が浮き彫りになり、ネガティブ材料になったものの、沈静化の兆しが見えたあたりから諸外国からの設備投資が増加しています。また、タイ経済を支える観光産業も注目できます。日本からの観光客が増加し、タイの観光産業における売上高が上昇しています。世界遺産の観光やリゾート開発による外国人観光客の誘致に成功したことが要因の一つになっています。

日本とタイとの間には、強力なパートナーシップが築かれ、日本企業とタイ国内企業との関係も良好です。そのため、日本企業のタイ進出は今後も続くことが確実視されています。タイ経済が安定しているのもプラス要因になっています。タイにおけるインフレ率は、2%台と低く、諸外国の中でも安定した経済状況が維持されています。労働力も豊富で賃金も日本に比べてはるかに低いため、収益を求める日本企業にとってメリットの大きな市場になっています。今後も良好な関係が維持され、発展を遂げていくことが期待されています。

タイ転職ナビTOPに戻る

このページの先頭へ