イメージ画像

タイで起業するには

当サイトは若手の日本人ビジネスマンがタイへの転職を成功するための情報サイトですが、タイへの長期滞在、永住をみこしてショップを経営したい、タイでビジネスをしたいという方もいます。

いつかはタイに自分の店を持ちたいと考えるオーナーの方も多くいます。飲食店やブティック、美容院など、自分の店を構える夢を叶えるためには、会社の登記の方法や現地の起業事情に精通する必要があります。タイに店舗を構えたり、事務所を開設したりするのに手っ取り早いのは、タイ人の友人を持つことです。外国人が起業するには、いくつもの条件をクリアする必要がありますが、タイ人の家族や友人がいると登記をはじめとする手続きがスムーズに進みます。

主な流れは、次の通りです。店や事務所を設置する予定の土地や建物を選びます。その場所で賃貸契約を結び、事業ができる場所を確保します。その後、登記するための書類に必要事項を記載して登記の申請を行ないます。同時に、法人税を支払うための手続きも行ないます。店舗のオーナーが日本人の場合には、ビザの取得が必要です。ノン・イミグラントビザを申請し取得しておきます。その後、タイ国内で働くための許可を取り付けます。

起業した後に支払う税金は、売上税です。売り上げに対して課税される仕組みで7%が課税されます。そのほかにも、従業員を雇う場合には日本と同じ所得税が課せられます。従業員の給与から源泉徴収するため、給与額に従って政府が定める税率をかけて徴収します。物品を販売する場合には、VATがかかります。VATは、購入者側が販売者に対して一旦支払い、販売者が国に納税をします。日本の消費税に構造が似ている税金です。タイの税務に詳しい税理士が日本にもいますので、相談ができます。

タイ転職ナビTOPに戻る

このページの先頭へ

バイ・アンド・ホールド